読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東大卒にも負けない! “就活に使える”読書法 〜本紹介〜

大学生に「本を読んだ方が良い。」 そう伝えるだけなら簡単なこと。就活にどのように使えるのか、どんな本を読めば良いのか。それらを動画と共にご紹介します!

「業界地図」日本経済新聞社

今回ご紹介する本はこちらです!

タイトル:業界地図
出版社 :日本経済新聞社


◇就活ではどう使えるのか?

業界地図では業界ごとの大手企業が一覧として表示されています。

よって、「業界ってなに?」「どんな業界が日本にはあるの?」「どんな企業があるの?」という方はネットよりも効率的にそれらを把握することができます。

ベンチャー企業や中小企業はあまり記載されていないので、大手企業を知るためには最適です!


◇動画にて“読み方・就活への活用法”をご紹介

youtu.be

『7つの習慣』スティーブン・R・コヴィー

本日ご紹介する本はこちらです!

タイトル:7つの習慣
著者  :スティーブン・R・コヴィー


◇就活ではどう使えるのか?

この本では『Win-Win』という言葉を知ることができます。

このWin-Winとは、「お互いが幸せになること」を意味し、

例えば営業では自社の商品をお客様が購入し、満足してもらう。

 

すると「お客様も幸せになり、自分としても商品を買ってもらえて幸せ」という状態になりますよね。これこそが『Win-Win』の関係です。

 

面接でよく「どんな営業になりたいですか?」「将来どんな人になりたいですか?」という質問をされます。

その際に、この『Win-Win』という言葉を知っていると、「営業を通して、常にお客様とWin-Winの関係を作れるように、お客様の不満点をしっかり聞き、適切に解決していくような営業になりたい!」という答え方ができますよ。

 

このように本を通して、ワード(用語)を知ることで面接での答え方に深みが増すので、ぜひ活用してみてくださいね!

 
◇動画にて“読み方・就活への活用法”をご紹介

youtu.be

『超一流の雑談力』安田正

本日ご紹介する本はこちらです!

タイトル:超一流の雑談力

著者  :安田正


◇就活ではどう使えるのか?

就活の面接において非常に大切な考えが、

『面接官と仲良くなる』ということです。

面接官はその企業の社員です。つまり面接官に、「こいつと働きたい」と思って貰うことは面接突破に非常に重要。そのためには、雑談を通して、面接の空気を作ることができればベストです。

この本を通して、"雑談の力を知る”ことができればそれだけで十分ですので、

ぜひ読んでみてくださいね!

 

◇動画にて“読み方・就活への活用法”をご紹介

youtu.be

『人を動かす』D・カーネギー

本日ご紹介する本はこちらです!

タイトル:『人を動かす』
著者  :D・カーネギー


◇就活ではどう使えるのか?

就活では、「コミュニケーションへの考え方」や「友人との関わり方」を伝える場面もあります。

(「友人との関わり合いにおいてどのようなことを大切にしていますか?」という質問もあります。)

このような際に、自分が“人との関わり合いに関して大切にしていること”を伝えるため、この本は重要な役割を発揮します。

人に好かれる6原則が書いてあるので、それをそのまま面接で話すことができますよ!

 

◇動画にて“読み方・就活への活用法”をご紹介

youtu.be